[ ご出発前に ] [ 出港から帰港まで ] [ クルーズライフの楽しみ ] [ よくあるご質問 ]
快適なクルーズライフを送るためのQ&Aをまとめました。
その他のご質問もご遠慮なくお問い合わせください(メール/お電話で受け付けております)。

船酔いの心配はありませんか?
現在はどの客船にもフィンスタビライザー(横揺れ防止装置)が装備され、揺れを最小限にする設計になっています。
万一気分が悪くなったときは、水平線を避け、広い景色を眺めるとラクになります。
ゆったりとした気持ちで過ごすことが最良の防止策ですが、心配な場合は、常備薬を用意しておくとよいでしょう。
船内の医務室にも酔い止めが用意されています。


体調が悪くなったら?
船内の医務室には医師もしくは看護婦が常駐しています。
ご高齢でも健康な方なら、安心して船旅をお楽しみいただけます。


持ち込む荷物の量に制限がありますか?
クルーズ客船では一切制限がありません。
荷物はあらかじめ宅配便で送ることができますので、船内のおしゃれを楽しむために多目の衣装を持ち込んでも大丈夫です。また、家具のような大型のお土産も宅配便を利用するとよいでしょう。
ただし、乗船地や下船地まで飛行機を使用する場合は、飛行機の手荷物制限に準じる必要があります。


外貨やトラベラーズチェックは必要ですか?
船内での支払いは、あらかじめ登録しておくクレジットカードを使用し、下船時にまとめて清算します。
オプショナルツアーなどで現地通貨やドルが必要な場合は、船内で両替することができます。
ただし、多額の両替には対応できない場合があります。



チップの必要はありますか?
日本籍船では必要ありませんが、外国籍船ではチップ制(または事前支払い)を採用している船もあります。


寄港地での観光は?
各寄港地には多彩なオプショナルツアーが用意されています(別料金)。
またショッピングなどで市街地に出たい方のために、シャトルバスも運行されます。必要なものだけを持って身軽に寄港地を楽しめるのは、クルーズの大きな魅力です。



船内で退屈することはありませんか?
パーティーやゲーム、カルチャーイベントなど、船上生活を楽しんでいただくためのさまざまなプログラムが用意されています。
前夜にお届けする船内新聞でプログラムを確認して、ご自由にご参加ください。ただし、欲張って過密スケジュールを立てるのは禁物。自分のペースで上手にプログラムを選択するのが船旅を楽しむコツです。


陸上との連絡は?
船内の公衆電話からダイヤル通話が可能です。
国際電話の場合は、船内で販売している専用テレフォンカードをご利用ください。レセプションに依頼すれば、ファクシミリの送受信も可能です。また日本近海では、海域によって携帯電話も使用できます。


1週間以内で楽しめるクルーズはありますか?
国内クルーズの場合は3日程度で充分に楽しむことができます。
乗船地や下船地との間の往復、あるいは片道に飛行機を使う「フライ&クルーズ」の場合は、海外クルーズでも1週間程度から経済的に楽しむことができます。
まずは雰囲気だけでも味わいたいという方は、東京湾や大阪湾を周遊するワンナイトクルーズもおすすめです。


クルーズの予約はどこでできますか?
パルツアーの「船の旅489(予約)」で受け付けています。スケジュールや料金のお問い合わせもお気軽にどうぞ。
[ ご出発前に ]  [ 出港から帰港まで ]  [ クルーズライフの楽しみ ]  [ よくあるご質問 ]

HOME会社案内プライバシーポリシーお問合せ